6月30日、青山梅窓院での松山樹子先生の告別式に参列させていただきました。

遺影のお写真は、祇園祭のものだそうで、本当に、素敵でした。

学生時代、松山先生からご指導いただいておりました。いつもレッスン時間が過ぎても終わらず、遅くなって困る人は、帰りなさい!とおっしゃるのですが、勿論帰る人などいません。

私は、足の甲が高かったので、先生から、「甲があるということは、足に真珠を持っているのと同じことなんだ」と褒めていただき、その気になって、レッスンに励んでおりました。

他のこわ〜い先生には、宝の持ち腐れー😡と怒られていましたけど(笑)

もう昔々のことです・・・

心から御冥福をお祈り申し上げます。

元のページへもどる